ニュースワードテンプレートワード文章例使い方講座リンク集

ワード使い方講座

入門編8:図を挿入する

今回は、図の挿入方法を学びましょう。ワードは文章を作成するためのソフトですが、図をうまく取り入れることで、書類の印象を和らげ、読み進むことが楽になる文書の作成が可能です。

(図1)図が挿入される前の操作画面

 

図と言っても、ワードで言う「図」にはクリップアート(※1)や写真(画像)といったいくつかの種類があります。いずれも挿入の方法は似ていますので、今回は例としてクリップアートを使ってみましょう。

クリップアートを挿入するには、ツールバーの「挿入」→「図」→「クリップアート」を選択します。

(図2)クリップアートの挿入方法を示した操作画面

 

「クリップアート」を選択すると、「クリップアートの挿入」ウィンドウが立ち上がります。(Office2000の場合です。OfficeXPの場合には、表示のされ方は違いますが、以下と同様の機能が立ち上がります。)

クリップアートを選ぶには、クリップの検索ツールを用いるか、いくつかのカテゴリの中から選択します。

(図3)クリップアートの挿入ウィンドウ

 

ここでは、「教育」のクリップアートから、以下の図のクリップアートを選びます。クリップアートを挿入するには、挿入する図の上でクリックして選択状態にし、更にポップアップで出るボタンのうち、「クリップの挿入」ボタンをクリックします。

(図4)クリップアートを選択して挿入している操作画面

 

クリップアートが挿入されました。

(図5)図が挿入された操作画面

(※1)クリップアート・・・Webサイトやワードのアクセントとして用いられる、小さなイラストのこと。

 

■図の位置揃え

図も文字と同じく位置揃えが可能です。以下の図では、センタリングボタンを押して、クリップアートをセンタリングしてみました。

(図6)クリップアートがセンタリングされた操作画面

 

■図の大きさ調節

クリップアートや写真は、挿入された直後はできるだけ大きく(原寸大で)挿入されます。しかし、ほとんどのクリップアートは大きすぎるので、大きさを調節することが必要です。

図の大きさを調節するには、図の角の■マークの上にマウスを乗せ、マウスポインターの形が変わったらドラッグします。

(図7)クリップアートの大きさを調節している操作画面

 

図の大きさが調節されました。

(図8)クリップアートの大きさが変更された操作画面

 

 

当サイトについて

Copyright (c) 2008 Word119 All Right Reserved.

トップページワードテンプレートワード文章例ワード使い方講座リンク集当サイトについて